面談時の注意点

弁護士の無料相談サービスの詳細は、各弁護士事務所によって細かい部分でこそ違いが見られますが、基本1人1回限りで時間制限が設けられています。あくまで正式依頼を募る目的での無料相談であり、無料で問題解決に腰を上げてもらえる訳ではありません。限られた面談時間内をより有益とするためには、事前の準備と相談者としての面談時の正しい姿勢が鍵となります。

相談に臨むに際しては、自身の借金問題の現状を、短時間でより確実に弁護士に伝えて把握していただくべく、自身が把握する正確な借入状況の詳細などを、口頭のみならず一覧表で提示出来ればベストです。届いた督促状などの関連書類も持参すべきです。また質疑応答が愚痴や弱音を吐くばかりとなってしまっては意味がありません。想定される質疑応答を予測から、自分なりの回答をシミュレーションしておく準備作業も大切です。

そして最も重要なポイントとして「真実を伝える姿勢」が見過ごせません。この場に及んで債務総額を小さく伝える、実際には持ち合わせていない返済能力を大きく伝えるなど、弁護士に対して見栄を張り、実際とは異なるデータを伝えてしまっては、適切な解決策に辿り着けず、十分な注意が求められます。